釣り用品のメーカー|タカ産業株式会社

HOME >テスター紹介 >丸井 和弘
TESTER REPORT

テスター紹介

4 / 41234

兵庫県釣り連盟春季大会
2016.05.12掲載

釣行日:平成28年5月1日

場所:兵庫県家島

(ロッド)ゼロサム鱗 IM V2 1-530

(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号

(ウキ)AURAフャーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬7号

(エサ)マルキューチヌパワームギ、湾チヌスペシャル、

 

毎年恒例の、兵庫県釣り連盟春季大会が家島諸周辺の磯で行われました。
私たちのクラブのメンバー9人も参加して、1匹長寸のチヌを狙います。
受付、抽選をして渡船に乗り込み、午前8時に出船して、最終組の私とクラブのメンバー2人で降りて釣りを始めます。
私は真ん中に釣り座を構えて、いつものように竿立付ホークバッカンに、サシエサバケット浅底アーチロング杓スタンドをセットして、
防水パーツBOXⅡに入れていた小物を取り出して仕掛けを作って釣りを開始する。

15m先の駆け上がりにマキエを入れて狙って釣るが、エサ取りも居なくてサシエサのオキアミが原型のまま残ってくる。
棚をべた底にして、マキエも絶え間なく入れ続けるも、まったく反応なしである。
全員、同じような状況が4時間以上経過した中、隣のメンバーが竿を曲げて、上がってきたのが46㎝のメタボチヌ!
折れかけた気持ちを立て直して、再度集中して釣って行くとラインがスルスルと走ったので合わせると、重量感のある引きに竿がきれいに曲がり、
やり取りを楽しんで取り込んだのは銀色に輝いたチヌである。
その後頑張るも、サシエサが残った状態が続き午後3時に納竿としました。
帰港して検寸しに行くと連盟のメンバーの小川氏が55㎝のチヌを釣りあげていたので、ビックリ!
この日は喰いも悪く、釣果の乏しい中で、このサイズは見事である。
私は43㎝と入賞にも及ばなかったが、釣果の乏しい中でチヌの顔を見れて楽しく過ごせたので良かったです。
釣りは楽しく!ですものね。

  • DSC00238
  • DSC00235

  • DSC00243

淡路島のグレ釣り!
2016.05.10掲載

釣行日:平成28年4月29日

場所:淡路島志筑

(ロッド)ゼロサム磯 イングラムBE 1.25-5005

(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号

(ウキ)AURAフャーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬4号

(エサ)マルキューイワシパワーグレ、V9スペシャル

 

そろそろ淡路島もグレが釣れだす頃と思い、昼からいつも行く志筑に向かいました。

淡路島の釣具屋で情報を聞くが、グレの声は聞かないとのことであったが、一匹でも

グレが釣れたら

良いだろう。との思いで現地に到着。 

グレ釣りの釣り人はあまり居なくて、やはり釣果は期待できなさそうである。

用意をして釣りを開始したのが13時頃である。

マキエを打ってしばらくすると、エサ取りのオセンが寄ってくるが、数も動きも良く

ない。

雨などで水温が低いのかもしれない。

当然、グレの活性も良くないと考えて、あまり遠投をせずにオセンの少し前を釣るよ

うにしても、ちょくちょく

サシエサが残ってくる。 

棚を深くしたり、サシエサの種類を変えたりするが、一向にグレは釣れない。

2時間くらい思考錯誤しながら釣り続けるとウキが海中にモゾモゾとシモッテいった

ので合わせると心地良い引きである。

やり取りしながら、手前のテトラに突っ込むのを耐て、上がってきたのは28㎝のグレ

である。 

グレの顔が見れたので、気分よく釣り続けてポツリポツリとグレを釣りあげて夕方に

納竿しました。

水温も低く、グレの喰いも渋い中、楽しめた淡路島でした。

次は、型狙いで来るとしよう。

 

  • DSC00231
  • DSC00226
  • DSC00029

愛媛県菰渕で良型グレ!
2016.01.06掲載

釣行日:平成27年12月30日
場所:愛媛県菰渕
渡船:景山渡船 TEL:0895‐63‐0002 対象魚:グレ 天候/波/潮:曇り/1.0m/  中潮
(ロッド)ゼロサム磯 弾X4 TYPE1 5005
(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.7号(ハリス)1.7号
(ウキ)AURAフャーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬6号
(エサ)マルキューイワシパワーグレ、V9スペシャル

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 

昨年の12月30日に愛媛県菰渕にクラブのメンバー達と釣行してきました。
最近の状況は、水温もまだまだ高く40㎝前後が多いらしい。
当日、私が上がった磯は黒島の棚前で、ハエ根がきつく良型を取り込みにくい磯であるが、その分、魚影の濃い場所でもある。
いつものように竿立付ホークバッカンに、お気に入りのサシエサバケット浅底、アーチロング杓スタンドをセットして釣りを開始する。
3ヒロまでを釣って行くとラインが走ったので合わせると、グレの感触が竿に伝わってきて、竿のポテンシャルで、すんなりと浮かせてきたのは41㎝のグレである。キーパーバッカンⅡに魚を入れておき、その後もポツリポツリと釣れるが、45㎝オーバーの良型がでないまま喰いも止まってきたので、竿2本の深場の棚を根気よくラインを張り気味に探って行くと、竿先にコツン!コツン!とアタリが来たので、すかさず合わせるとズッシリとした重量感! 深場で掛けたので慎重に、ハエ根に走らせる隙を与えないように、浮かせてきたのは良型グレである!エスカルゴメジャーで測ると47㎝!(^^)v
その後も同様に同サイズの良型グレを釣り納竿しました。

今回の私のおすすめ商品はフローティングベストカバーです。ベストが汚れたり、濡れたりしていても、カバーに収納するので、車の積み込みの際に周りを汚したりしないので私も助かってます。是非、皆さんも使用してみてくださいネ!

 

テスターレポート テスターレポート
   
テスターレポート  

淡路島洲本のグレ釣り!
2015.05.26掲載

釣行日:平成27年5月22日
場所:淡路島古茂江の波止
 
タックル:
竿  :宇崎日新ゼロサム磯弾IM V3 1.2-500
リール:BB-X newHP2500DXG
ライン:YGK TUG1.5号   ハリス1.2号
針  :土肥富伊勢尼SM4号 新風グレ5号
エサ :マルキューTR、V9スペシャル

釣行記:今シーズンはあまり釣行出来なくて、ストレスも溜まり、疲れも溜まっていたせいか、5月に入って帯状疱疹が顔に出来てしまい激痛の中での療養でした。
病気もほとんど治り、体の慣らしも兼ねて、淡路島に行ってきました。
マキエは前回の釣行で余って冷凍していたのを解凍して淡路島に出発! 洲本古茂江の波止に9時ごろ到着!
用意をして、釣りを開始。 マキエを打つと、オセンの活性大である。
古茂江のグレは1時間くらいしてから動き出すので、じっと我慢してマキエを打ち返す。
1時間経ってもグレの気配がなく苦戦してると、潮が流れ出してから直ぐにラインがスパーッと走って穂先まで強いアタリが!
竿を起こすと、強い引きに良型の予感が! やり取りして手前のテトラに何度も突っ込んで行くのをかわして取り込んだのは30㎝のグレである!
何回釣っても、グレの引きのやり取りは楽しい!(^_^.)   潮が更に速くなり磯釣りのようにマキエとサシエを合わせながら流して行くと、再びラインが走ったので
合わせると心地よい引きで上がってきたのは31㎝のグレである。  
古茂江は潮が通る時は沖に流れて、ここのグレは当然ながら潮に敏感なので磯釣り感覚で釣りができる場所であるのでうれしい。
その後も30㎝前後を含めたグレを数枚追加して、潮も動かなくなってグレの喰いも渋く、マキエを無くなったので午後1時前に納竿とした。
短時間釣行だったが、やっぱりグレ釣りは楽し~いネ!!

 

テスターレポート テスターレポート

 

MFG関西本部主催懇親釣り大会in小豆島で優勝!
2015.05.26掲載

釣行日:平成27年6月28日
場所:香川県小豆島
 
タックル:
竿  :宇崎日新ゼロサム磯弾IM V3 1.2-500
リール:BB-X newHP2500DXG
ライン:YGK TUG1.5号   ハリス1.2号
 針  :土肥富伊勢尼SM4号 新風グレ5号
エサ :マルキューTR、V9スペシ
ウキ :AURAファーストGIGUS 0号

釣行記:梅雨真っ只中の6月28日にMFG関西本部主催の懇親釣り大会in小豆島にクラブのメン
バー達で行ってきました。
今回はチヌ、グレのどちらかのエントリーで各優勝者にマルキューM1カップ ファイ
ナル!の切符がかかっていたので、闘志を燃やした100人程の強者が
集まって来ていました。
私は、グレにエントリーして抽選を引きます。グレは25㎝以上5匹の重量で競いま
す。 
大会説明を終えてから、4時過ぎに姫路の港を出て1時間後に小豆島の磯に到着。
順番に磯上げして行き、私も磯上がりして、じゃんけんでお互いの釣り座を決めて用
意をしました。
いつもの使いやすい定番道具の【竿立て付ホークバッカン】、【サシエバッケト浅
底】
【アーチロング杓スタンド】【スーパー水汲み角型】をセットして釣りを開
始!
マキエを磯際に入れて様子を見るも魚の動きがなく、たくさんのフグがでてきたので
テンションが下がってしまった。
気を取り直して、マキエを手前にたくさん入れてフグやエサ取りを足止めしながら、
沖を釣って行くもベラばかり釣れてくる。
2時間程同じ状況が続き、グレがまったく釣れない。 隣も同じ状況のようである。
少ししてから潮が緩みだし、仕掛けが馴染みやすくなるとウキがシモったので合わせ
ると、グレの引きが竿に伝わるも上がってきたのは23㎝の規定外サイズである。
最近の瀬戸内海のグレはエサを捕食の際に上下運動ではなく、横の動きが多いように
思われて、早合わせで掛けないとサシエを吐き出して針に乗らないので、
ウキに集中して、わずかなアタリを拾いながら釣って行くと、ズッシリとした重みの
やり取りで30㎝をキープ! その後はエサ取りも増えてきたので超遠投で同様に釣っ
て行き、
12時の納竿までに、規定外サイズを数匹釣りながらも、25~27㎝を4匹追加してギリ
ギリ5匹をキープして、船に乗り込み帰港する。
どこも釣れていなくて5匹キープが少なそうである。 港に着いていよいよ検量であ
る。 どこも厳しい釣果でキーパーサイズが釣れなかったみたいだけど、
私は5匹1670gで釣果的には良くないと思っていた。 そして結果発表で表彰式で
す。 グレの部!優勝で呼ばれたのは私でした! 思わずガッツポーズ!で表彰台
に! 
5年ぶりにマルキューM1カップ決勝に行くことができました。 まだまだ未熟です
が、決勝の大分県まで行って頑張ってきま~す!

 

テスターレポート テスターレポート
   
テスターレポート  

愛媛県菰渕の寒グレ
2015.02.25掲載

釣行日:平成27年2月21日
場所:愛媛県菰渕
 
タックル:
竿  :宇崎日新ゼロサム磯弾V3 1.2-500  
リール:BB-X newHP2500DXG
ライン:YGK TUG1.7号   ハリス1.7号
針  :土肥富黒馬6号
エサ :マルキューTR、V9スペシャル

釣行記:寒グレも最終盤に入り、2月21日に喰い渋り寒グレを狙いに愛媛県菰渕に釣行してきました。
事前情報でも40㎝オーバーが1匹交じりの3匹釣れれば良い方である。
当日の朝は寒さも緩み、風もなっかたので、期待をしながら港を出船して、私と釣友の二人で北の2番の磯に渡渉しました。
いつもの私の定番道具の撒き餌の入った【G-バッカンⅡ】、サシエに【サシエバッケト浅底】と【アーチロング杓スタンド】、【スーパー水汲み角型】をセットして
釣り座を左手に構えて釣りを開始しました。 撒き餌を入れて、期待をしながら磯際を第一投目。
サシエサが直ぐに取られてしまう。 磯際の撒き餌にエサ取りの北マクラやカワハギがチラチラ見えてるので、撒き餌を際から入れて、その撒き餌の払い出しの潮の沖目に仕掛けを
入れてウキを沈めながら深く探っていくと穂先に小さいアタリがきたので、合わせるとズッシリとした重量感!
ゆっくりと寄せて、際のハエ根に突っ込むのを何度もかわして上がってきたのは、ポッチャリ肥えたグレである。
取り込んで便利なエスカルゴメジャーで検寸すると48.5㎝に思わず笑顔が。 グレ釣りは何度味わっても、この瞬間は楽しいですね!
それからは、潮が流れる時を集中しながら釣って行き、納竿までに46㎝、43㎝の合計5匹を釣ることができて、この時期にしては大満足の釣果の一日でした。

 

テスターレポート テスターレポート
テスターレポート テスターレポート

淡路島でグレ釣り納め!!
2015.01.06掲載

釣行日:平成26年12月27日
場所:淡路島波止
 
タックル:
竿  :宇崎日新イングラム磯ブラックエディション1.2-500  
リール:BB-X newHP2500DXG
ライン:YGK TUG1.5号   ハリス1.2号
針  :土肥富黒馬4号
エサ :マルキューTR、V9スペシャル

釣行記:淡路島もグレ釣り終盤となり、今年最後の締めくくりとして12月27日に淡路島の波止に出かけました。
現地に到着して、いつも定番の道具、撒き餌の入った【G-バッカンⅡ】、サシエに【サシエバッケト浅底】と【アーチロング杓スタンド】、【スーパー水汲み角型】をセットして
10時頃に釣りを開始した。
マキエを数杯撒くとオセンがチラチラいるが少ない。
水温低下でエサ取りも少なくなっているので、グレが釣れるか不安になってきた。
1時間くらい釣り続けたが、グレは浮いてこないので、タナを3~4ヒロにして釣り始めると、小さいアタリがあったので素早く合わせると竿に魚の重みが有り、やり取りして 上がってきたのは25㎝程のグレである。 喰いは渋く、苦戦しそうだけど、グレが居るのでホッとした。
その後25㎝クラスを5匹程追加した後、今度は遠投深場を釣っていくと同じく小さなアタリを素早くとらえて合わせると、ズッシリとした重みで上がってきたのが34㎝の良型グレ!!
同様に釣って30~32㎝を3匹追加して納竿とした。
この日は30~34㎝を4匹と22~28㎝を合わせて20匹以上と納得の釣果でした。

テスターレポート テスターレポート
テスターレポート  
4 / 41234