釣り用品のメーカー|タカ産業株式会社

HOME >テスター紹介 >丸井 和弘
TESTER REPORT

テスター紹介

4 / 512345

【RAHMEN CUP in飾磨渡船】
2017.01.05掲載

【RAHMEN CUP in飾磨渡船】
平成29 1月3日に飾磨渡船にて私達のクラブ主催のRAHNEN CUP大会が行われました。
タカ産業にも協賛していただいたこの大会は、新年を釣り仲間で楽しく釣ろう!を目的とした大会で、チヌとグレの1匹づつの総重量で競います。
一緒に磯上がりした人と共同作業OKなので、釣った魚をあげても、もらってもOKな大会です。
順位は1~5位 6~10位のように上位グループ順で参加賞のラーメンを選んでもらいます。 そのカップラーメン裏に付けてある封筒内に、商品が書いてあるので、それを貰います。 なので1~5位までに入れば豪華賞品が当たる可能性があるのです。
個人戦は、初心者でも勝てるように、一番小さいチヌで順位を決めていきます。
当日は、少し風はあったものの参加者32人全員に釣果があり、大変盛り上がりました。
私のグループはグレは釣れたものの、チヌが釣れなかったので残念な結果に終わりましたが、最後までみんなで楽しめた大会になりました。

今回のお勧めアイテム(協賛商品のタカ産業キャップ&針外し)
ホールド針外し 新製品で、飲み込んだ針を挟んでクルット回して引き抜けるので便利です。 チヌ釣りなどで飲んでしまった針を外すのに便利な商品です。

  • 20170103_154346
  • 20170103_160804
  • 20170103_161911
  • 20170103193700-2
  • 20161227_181709

【淡路島で新年の初釣り!】
2017.01.05掲載

【淡路島で新年の初釣り!】
みなさん、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
釣行日:平成29年1月2日
場所:淡路島東浦
(ロッド)ゼロサム弾 IM V2 1-500
(リール)BB-XnewHP1700DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1号
(ウキ)AURAファーストGIGS 0号&マルちゃんアタリウキ(ハリ)土肥富 黒馬3号
(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9徳用
新年の初釣りに、いつもの淡路島に寒グレ釣行してきました。
朝はゆっくり出発して、10時頃に到着。
用意をして釣りを始めるも、オセンは居るがグレの気配は全くなしである。
水温低下で瀬戸内の湾内では、グレは深場に落ちていくので、ボーズの可能性は大である。
初釣りでボーズは嫌なので、オセンの出ないところまで遠投して深場を根気よく釣って行くと、ウキにあたりが出たので
素早く合わせると、竿に重みが乗ったが竿が跳ね上がり、痛恨の針外れである。
激渋の喰いであるので、サシエを生オキアミのむき身にして、完全にエサ取りがいないエリアまで
遠投して同様に釣っていくと、ウキが消し込み、素早く合わせると心地よい引きで、上がってきたのは28㎝のグレである。ヽ(^o^)丿
その後もポロポロと同サイズのグレを追加しながら、チヌも含めてグレも6匹釣りあげて午後2時に納竿しました。
4時間程の初釣りでは、上出来の釣果だったので気分よく帰れました。(^-^)
みなさんも、今年も安全で、良い釣りをしてください。 どこかで見かけたら気軽に声をかけてくださいよ。
今回のお勧めアイテム
フッ素シースナイフ90 フッ素加工の刃なので錆に強くて、グリップも握りやすい。 ケースもしっかり固定されて
安全なので、竿ケースのサイドポケットに、私はいつも入れてます。
キーパーバッカンⅡ ポケット改良で防水性UPしてます。 高さもUPしたことにより、大容量収納可能で竿立てもついてます。

  • 20170102_094946
  • 20170102_151230

【淡路島の喰い渋りグレ攻略!】
2016.12.26掲載

【淡路島の喰い渋りグレ攻略!】
釣行日:平成28年12月23日
場所:淡路島
(ロッド)ゼロサム弾 IM V3 1.2-500
(リール)BB-XnewHP1700DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1号
(ウキ)AURAセカンドGIGS 0号&マルちゃんアタリウキ(ハリ)土肥富 黒馬3号
(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9徳用

前日の雨と朝から強い西風が吹いていたが、淡路島東浦は竿が出せそうなので、悔いが渋いのを覚悟で釣行してきました。
淡路島のグレは終盤を迎えているので、グレの喰いも渋くて、どう攻略するか悩みどころである。
先ずは、いつもの仕掛けでいつも通り釣って行くが、全く釣れない。
風で上潮が滑り仕掛けが馴染みにくいので、グレらしきアタリがあるが、直ぐにサシエを離しているようである。
ラインをこまめに修正しながら釣っていくと、素直にウキが入ったので合わせると、グレの引きが竿に伝わるが
上がってきたのは25㎝程の小さいサイズである。
その後も頑張って釣るも同サイズを2匹追加しただけである。
喰い渋ったグレを攻略するために試行錯誤の結果、ハリスを1号に落とし、針も3号にして、アタリウキで小さいアタリを素早く掛け合わせる釣りにすると、見事にパターン的中! 30~32㎝を5枚を含めて2桁釣ることができました。ヽ(^o^)丿
今回は凄く勉強になった釣りでした。(^_-)
今回のお勧めアイテム
ス-パ-水汲み角型 本体をひねる事により一発で折りたためて、収納しやすいので便利である。グリップも握りやすい。
STOP PINON REEL 好きな所でSTOP出来るピンオンリール登場!一度引っ張りSTOP、 二度目で収納だから針外しを付けて使うと使いやすい。

  • 20161223_093840
  • 20161223_163940_001

【淡路島志筑でグレ釣り!】
2016.12.20掲載

【淡路島志筑でグレ釣り!】
釣行日:平成28年12月18日
場所:淡路島志筑
(ロッド)ゼロサム弾 IM V3 1.2-500
(リール)BB-XnewHP1700DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号
(ウキ)AURAファーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬4号
(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9徳用

またまたホームグランドの淡路島にグレ釣り釣行してきました。
12月上旬は絶好調だった淡路島でしたが、先週の長い寒波の急激な水温低下で、グレの活性も急激に低下してる模様である。
当日9時頃に到着したが、フカセ釣り人は一組だけなので、少し不安の中で釣りを始めました。
マキエを入れて海の様子を見てみると、相変わらずエサ取りのオセンは元気である。
いつものように釣っていくも、全くグレの気配は無く時間だけが過ぎていく。
潮がだんだん動き出してから、しっかりマキエとサシエを合わせて釣っていくと、ウキに小さいアタリがあったので合わせると、
グレの引きが竿に伝わり、やり取りして取り込んだのは28㎝のグレである。(^-^)
それから、同サイズを追加してから、潮がバンバン流れ出したので、いつものように磯釣りの要領でワクワクしながら良型狙いに!
潮の流れの中で、喰わそうとする場所にマキエとサシエが同調するように流して行き、その場所に仕掛けが流れた時、一瞬のウキのアタリを掛け合わせると良型とわかるズッシリとした重量感! テトラの突っ込みを何度もかわして取り込んだのは35㎝の良型グレである。
久しぶりの良型に笑顔ヽ(^o^)丿
このサイズはスレていて、サシエに違和感があると直ぐに吐き出すので、一瞬の前アタリを掛け合わせないと釣れにくいと思う。
流れの速いほうが活性が上がるので釣れるチャンスは高くなる。
この日はグレの活性は悪く、サシエを離してしまうアタリが多くて、タイミングよく掛け合わせないと釣れなっかたけど、今週は高い気温が続くので
週末あたりは再び活性が上がって良型の数釣りができそうな予感がします。 行けたら行こっと!(^_-)
今回のお勧めアイテムは
サシエサバッケト浅底 私の定番アイテムで、2種類のサシエを入れることが出来て、浅底なのでサシエを取りやすい。
アーチロング杓スタンド これも定番アイテムで、作りがしっかりして長さもあるので、長めの杓にも使いやすい。 

  • 20161218_163444
  • 20161218_163834_001
  • 20161218_082708

【兵庫県釣り連盟秋季大会in沼島】
2016.11.21掲載

【兵庫県釣り連盟秋季大会in沼島】
釣行日:平成28年11月20日
場所:淡路市沼島
(ロッド)ゼロサム弾 IM V2 1.2-500
(リール)BB-XnewHP1700DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号
(ウキ)AURAセカンドGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬4号
(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9徳用

11月20日に、毎年恒例の兵庫県釣り連盟秋季大会を沼島で行いました。
当日は、うねりが入って一部の沖磯しか使えない中、抽選でヘイジの沖磯に上がれたので準備をして釣り開始。
うねりによるサラシでサシエが落ち着かない中、仕掛けを変えたりして釣って行くと、
ラインがスパーッと走るアタリがきたので合わせると重みのある引きで、浮いてきたのは40㎝近いイサギである。(^-^)
そのあともイサキを2匹追加しながら釣って行くと、ウキが海中に消し込んだので合わせると心地よい引きで、
やり取りを楽しみながら取り込んだのは33㎝のグレである。
その後、25㎝のグレがポツリポツリと釣れたが、当て潮に変わってから全くグレは釣れないまま納竿時間が迫ってくる。、
納竿間際に潮が少し沖に出かけたので集中して釣ると、ウキに微かなアタリが出たので、素早く合わせるとズッシリと今までにない重量感の引きを
竿で受け止めて、シモリに突っ込むのを交わしながら、細ハリスなので、ゆっくりと浮かせて取り込んだのは39㎝のグレであった。ヽ(^o^)丿
その後納竿とした。
瀬戸内海で、このサイズのグレとイサギの釣果に満足の大会となりました。

今回の私のお勧めアイテムは
STOP PIN ON REEL 好きな所でSTOP出来るできるので、針外しなどをつけてると使いやすいので便利です。
ピンオンリール&カッター 消耗品なので、安価でしっかりとした作りなので安心して使えます。
トランクシート 絶対のお勧め商品! タカ産業から販売されてるのを意外と知られていないので紹介します。
釣りを終えて、トランクに濡れた道具類を積むときには絶対に使ってほしい商品です。 サイズも軽ワゴン~ワンボックス
までの3サイズ揃えていますので是非、使用してくださいネ!

  • 1
  • 2

淡路島でグレ釣り快釣!!
2016.11.07掲載

釣行日:平成28年11月3日&5日
場所:淡路島の東浦
(ロッド)ゼロサム弾 IM V2 1-500
(リール)BB-XnewHP1700DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号
(ウキ)AURAファーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬4号
(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9徳用

そろそろ淡路島も秋グレシーズンになる頃なので、11月3日と5日に、淡路島の東浦の波止に、グレ釣り釣行しました。
いつもように朝はゆっくり支度してから、昼前の竿出しです。
3日の天候は冬型でしたが、ここは風裏になるのでこれからのシーズンにはありがたい場所である。
用意をして釣りを開始する。 マキエを打ち続けると、相変わらず淡路島はオセンが多い。
潮も流れて、良い感じなので、グレの活性が上がるのを待って釣り続けると、ラインが走るアタリ!
合わせるとグレの引きの感触であり、取り込んだのは25㎝のグレであった。
小ぶりだがグレは釣れたのでひと安心した。 その後も矢引き~1ヒロの浅棚でマキエとサシエを同時打ちで、キッチリ合うと
ポツリポツリと喰ってくる。  
マキエの中にだけグレが反応してるので、キッチリと合わせないとオセンにサシエを取られて、グレの口にサシエが届かない。
マキエをキッチリ合わせて、サシエを入れるタイミングも変えながら釣っていくと、竿先をひったくるアタリがきたので竿でタメると
良型の強い引きであり、やり取りしながら、手前のテトラに何度も突っ込むのをかわして取り込んだのは30㎝オーバーのナイスサイズ!! その後も同様に釣り続けて夕方に納竿としました。
5日は天気は良かったが、潮が良くなっかたせいもあってか、30㎝オーバーは釣れたものの、喰いは渋く、アタリを素早く掛け合わせないとグレが掛かってくれない状況で苦戦しました。
ともあれ、グレは釣れたので楽しめた2日間でした。 また行こ~!!ヽ(^o^)丿
今回のお勧めアイテムはV-FOX LIGHT BAG25L これも前回紹介したロッドケース同様にPP素材なので丈夫で水滴に強くて、超軽量である。 この軽さは、移動時には助かります。  次にエスカルゴメジャー   使わない時はワンプッシュで収納できるので、竿ケースのサイドポッケトに入れておけば、どこでも使用できるのでありがたいです。 作りもしっかりしてますしね!
フローティングベストカバー   これは超お勧めです! 濡れて汚れたベストを収納して車内を汚さないのは勿論ですが、ナイロン素材も分厚くてしっかりと作ってますので、大切なベストの保護にも役立ちます。
次回も色々と紹介していきますのでよろしくです!

  • line_p20161106_132151760_2
  • 20161105_170237
  • 20161103_165033
  • 20161105_170154
  • 20161103_170449

淡路島沼島でグレ釣り!!
2016.10.25掲載

釣行日:平成28年10月22日
場所:淡路島沼島
(ロッド)ゼロサム弾 IM V3 1.25-500
(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号
(ウキ)AURAセカンドGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬5号
(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9

久しぶりに淡路島の沼島に釣友と二人でグレ釣りに出掛けました。
今年は水温が高めで、全くグレは釣れてないようであり、当日も私達を含めて7人だけであった。
当日は、少し波があったけど表磯に上がることができたので、期待をしながら釣りを始める。
マキエを打って海の中を観察すると、エサ取りのオセンと小さいカワハギの群れ!(>_<) グレの姿は見えず、厳しい釣りの予感が…(^^; 朝から磯際を釣ったり、マキエをずらして釣ったり、遠投、深場と釣るが、チヌやチャリコが釣れるだけで 本命のグレが全く釣れない。 朝から潮も動かず、雨も降ってきてテンションも下り気味(+_+) 昼過ぎに潮が動きだしたので、手前の潮上だけに絶えずマキエを入れて、そこから15メートル先の潮下に仕掛けを入れて釣って行くと、ラインが少し走ったので素早く合わせると、竿に心地よいテンションがかかり、取り込んだのは30㎝の尾長グレである。 その後も苦労しながら3匹追加して納竿とした。 この日も、沼島全体のグレの釣果は悪く、水温がもう少し下がって落ち着くまでは厳しい状況かもしれませんね。 11月半ばにリベンジしてきます。 今回の私のおすすめアイテムは、 リールインロッドケ-ス!これはPP素材なので超軽くて丈夫であり、
水や汚れを完全にはじくので助かります! それとキーパーバッカンⅡ!従来より高さがまして道具の収納がしやすくなり、
ポンプの収納部分にカバーが付いたことにより、水滴防止や落下防止にもなっていますので、是非お勧めします。

  • 20161022_140048
  • 20161022_062430
  • 20161022_135935

日本海猫崎半島で磯釣り
2016.07.22掲載

釣行日:平成28年7月18日

場所:兵庫県豊岡竹野の猫崎半島

(ロッド)ゼロサム弾 IM V3 1.25-530

(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号

(ウキ)AURAフャーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬5号

(エサ)マルキュー遠投ふかせ グレジャンボ V9

 

蒸し暑い日が続く中、連休2日目の18日に竹野浜にある猫崎半島にグレ釣りに出掛けました。

この磯は久しぶりに行くことになります。 なので、状況はわからないままでの釣行です。

当日は雨の心配もなく、5時に出船して小仏に磯上がりしました。

用意をして釣りを始める。 マキエを打つと、フグやオセンのしたに木っ端グレが見える。

仕掛けを入れて釣るも、木っ端、木っ端、木っ端グレ(>_<)

遠投の釣りにかえて27㎝から25㎝を数枚釣って、ハマチ、イサキ、サンバソウ等も釣りながら

暑い中、日焼けで真っ黒になって納竿としました。

皆さん、熱中症対策を忘れずに無理のない釣りで楽しみましょう。

 

今回の私のおすすめアイテムはMESH SP リールカバー

メッシュ素材で伸縮、クッション性も高く、リールをしっかりガードするので機能性は高く、使いやすいです!

  • 20160718_171731_001
  • 20160718_172420
  • 20160718_173128
  • 20160709_142727

兵庫県釣り連盟春季大会
2016.05.12掲載

釣行日:平成28年5月1日

場所:兵庫県家島

(ロッド)ゼロサム鱗 IM V2 1-530

(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号

(ウキ)AURAフャーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬7号

(エサ)マルキューチヌパワームギ、湾チヌスペシャル、

 

毎年恒例の、兵庫県釣り連盟春季大会が家島諸周辺の磯で行われました。
私たちのクラブのメンバー9人も参加して、1匹長寸のチヌを狙います。
受付、抽選をして渡船に乗り込み、午前8時に出船して、最終組の私とクラブのメンバー2人で降りて釣りを始めます。
私は真ん中に釣り座を構えて、いつものように竿立付ホークバッカンに、サシエサバケット浅底アーチロング杓スタンドをセットして、
防水パーツBOXⅡに入れていた小物を取り出して仕掛けを作って釣りを開始する。

15m先の駆け上がりにマキエを入れて狙って釣るが、エサ取りも居なくてサシエサのオキアミが原型のまま残ってくる。
棚をべた底にして、マキエも絶え間なく入れ続けるも、まったく反応なしである。
全員、同じような状況が4時間以上経過した中、隣のメンバーが竿を曲げて、上がってきたのが46㎝のメタボチヌ!
折れかけた気持ちを立て直して、再度集中して釣って行くとラインがスルスルと走ったので合わせると、重量感のある引きに竿がきれいに曲がり、
やり取りを楽しんで取り込んだのは銀色に輝いたチヌである。
その後頑張るも、サシエサが残った状態が続き午後3時に納竿としました。
帰港して検寸しに行くと連盟のメンバーの小川氏が55㎝のチヌを釣りあげていたので、ビックリ!
この日は喰いも悪く、釣果の乏しい中で、このサイズは見事である。
私は43㎝と入賞にも及ばなかったが、釣果の乏しい中でチヌの顔を見れて楽しく過ごせたので良かったです。
釣りは楽しく!ですものね。

  • DSC00238
  • DSC00235

  • DSC00243

淡路島のグレ釣り!
2016.05.10掲載

釣行日:平成28年4月29日

場所:淡路島志筑

(ロッド)ゼロサム磯 イングラムBE 1.25-5005

(リール)BB-XnewHP2500DXG(ライン)YGK TUG1.5号(ハリス)1.2号

(ウキ)AURAフャーストGIGS 0号(ハリ)土肥富 黒馬4号

(エサ)マルキューイワシパワーグレ、V9スペシャル

 

そろそろ淡路島もグレが釣れだす頃と思い、昼からいつも行く志筑に向かいました。

淡路島の釣具屋で情報を聞くが、グレの声は聞かないとのことであったが、一匹でも

グレが釣れたら

良いだろう。との思いで現地に到着。 

グレ釣りの釣り人はあまり居なくて、やはり釣果は期待できなさそうである。

用意をして釣りを開始したのが13時頃である。

マキエを打ってしばらくすると、エサ取りのオセンが寄ってくるが、数も動きも良く

ない。

雨などで水温が低いのかもしれない。

当然、グレの活性も良くないと考えて、あまり遠投をせずにオセンの少し前を釣るよ

うにしても、ちょくちょく

サシエサが残ってくる。 

棚を深くしたり、サシエサの種類を変えたりするが、一向にグレは釣れない。

2時間くらい思考錯誤しながら釣り続けるとウキが海中にモゾモゾとシモッテいった

ので合わせると心地良い引きである。

やり取りしながら、手前のテトラに突っ込むのを耐て、上がってきたのは28㎝のグレ

である。 

グレの顔が見れたので、気分よく釣り続けてポツリポツリとグレを釣りあげて夕方に

納竿しました。

水温も低く、グレの喰いも渋い中、楽しめた淡路島でした。

次は、型狙いで来るとしよう。

 

  • DSC00231
  • DSC00226
  • DSC00029

4 / 512345