釣り用品のメーカー|タカ産業株式会社

HOME >テスター紹介 >原田 貴嗣
TESTER REPORT

テスター紹介

1 / 612345...最後 »

梅雨の間のはれ。 
2019.07.10掲載

雨の毎日。 
久しぶりに晴れたのでエギとルアーを数個持って出かけてみることに。  
他のポイントで釣りをしていた弟から「エギを持ってきて」と電話がありすぐに弟のところへ車を走らせる。 
ポイントに到着するとすぐにイカ発見。 
潮上にエギをキャストしてフォールさせるとすぐにヒット。 
それから2投し、2ハイキャッチして三徳ツールでサクッ絞める。 
しばらく雨が続きそうなのでタックルのメンテナンスでもしようと思う。

  • DSCN1009
  • DSCN1010

ヘチ釣り
2019.06.17掲載

梅雨真っ只中。 
夕マズメ、磯ガニを10匹ほど持ってヘチ釣りに行っている。 
堤防の際にゆっくりカニを落とすとエサ取りの猛攻撃で、ガン玉をBから3Bに替えて落とす。
ボトムから1mくらいのところで特大のフグがヒット。 
その後小さなキビレ、シブダイ、イシガキダイが遊んでくれた。 

今回使用したのは、バンド-75 鮎ベルトSP 、T-57 黒鯛倶楽部 段差ストリンガーセット です。

  • DSCN1004
  • DSCN1003
  • DSCN1006

令和。
2019.05.08掲載

令和に入って初のクチジロ釣りは不発に終った。
クチジロ釣りはボウズ当たり前なのでなにも気にしてないが、本命の潮にも関わらず当たらないのが気に入らないので再度挑戦。
エサは家にあった冷凍のシラガウニを数キロで3時間ほど釣り。
朝一3投目でアタリが出て、舞い込んでくれた。潮が早いこともあり引きは強烈で魚が浮いたらラインを手繰り寄せてズリ上げる。
一人なので三脚を立てて自撮りして、撤収。
この引きは中毒になります(笑)

今回使用したのはBB-020 Gドライジップシャツ長袖BLACK

  • ATT00004

2週間ぶりのエギング
2019.05.07掲載

あまりにもイカのアタリがないので2週間ほどエギングには行ってない。
3日前に弟が4キロオーバーを釣ってきたのをきっかけにちょっとだけ行ってみることに。
ポイントに到着してワンキャストしてシャクると潮が軽くて即回収。
夕マズメ、潮止まり1時間前に再度釣り開始すると来た時より潮が通していてシャクリも重い。
すぐに良型のイカがチェイスしてきたが乗り切らず、投げなおしてボトムから4回ほどシャクったところでヒット。
久しぶりにドラグを出してくれたのは1.5キロで三徳ツールでサクッと絞める。
まだまだデカイカとは言えないけど久しぶりすぎるのでちょっとうれしい(^^

今回使用したのは、三徳ツールホークキーパーバッカンです。

  • DSCN0984 (2)
  • DSCN0977

平成最後かな。
2019.04.23掲載

なかなか天気が安定しなくて、やっと石鯛釣りに行けた。
朝5時半にポイントに到着し、シラガウニを潰してマキエをして潮を見る。
朝は上げ潮で本命は下げ潮なのでそれまで淡々と仕掛けを打ち返す。
下げ潮が入りだしたころ竿を曲げてくれたのは2キロのイシガキ。
その後エサ取りの活性が高くなったようで一投ごとに素バリ。
そこで直径5センチほどの黒ウニを丸ごと付けてみる。
アタリが出るまで時間がかかるもすぐに素バリになるので次は黒ウニを3つける。
着底と同時にコツンとアタリ、段をつけて竿が舞い込んだ。
強烈な引きで上がってきたのは4.6キロの久々のクチジロ。
たぶん平成最後のクチジロになっただろう。

今回使用したのは、Gドライジップシャツ長袖BLACK
ロープ-J ナスカン付マルチロープ
G-0018 ネオプレーン竿カバー
V-148 2LAYER PLIER POUCH です。

  • DSCN0976
  • DSCN0957

夕方のさんぽ 
2019.03.30掲載

北側のエリアでは4キロ、5キロのデカイカが上がっているが、自分のいつも行くエリアでは全くと言っていいほど上がっていない。
たまに釣れるも秋イカサイズ。
行かないと決めていても夕方になるとついソワソワしてしまい海へ行ってしまう。
ポイントに着くと釣り人はおらず、貸し切り状態。
一投目でイカパンチがあるもののエギより小さいサイズ。
ボトムを意識してシャクると重い感触であがってきたのは2キロのマルマルしたコウイカ。
下げ潮がいきだして真面目にシャくるとよく引いたジャスト1キロのアオリイカ。
それからもう一杯追加して撤収。

今回使用したのは、デカゴク太四つ折れ玉枠三徳ツール、V-146 Finger Gaff です。

  • DSCN0930
  • DSCN0935
  • DSCN0943
  • DSCN0950

1年ぶりのヒラスズキ
2019.01.28掲載

この時期は季節風の北西風が強く、そして寒い。
腰がおもく釣りに行ってなくて、風が弱まったすきをみておもい腰を上げて1年ぶりのヒラスズキに行ってみた。
ポイントに着くと日曜日ということもあり釣り人がちらほら。
一投目は様子見で12cmのミノーからスタート。
沈み根、ブレイクラインをうっていくとセイゴクラスが数あたってくる。
セイゴじゃ始まらないので少し歩いてポイント移動して2投目で70cm良型のヒラスズキがお目見えしてくれた。
この時期のヒラスズキはうまいのでキープ。
しばらくはこいつを釣って遊ぼうと思う。

  • DSCN0922
  • DSCN0918

あけましておめでとうございます。
2019.01.05掲載

謹賀新年

原田貴嗣 

あけましておめでとうございます。
今年もたまーにレポート書きます(笑)
今年一発目の釣行は弟と二人で、一年ぶりの釣り場へ行くことに。
ポイント到着後は別行動で、弟はグレ釣りで自分は石鯛。
昨年の11月にここで74cmがあがったポイント。
朝一、潮が当たっているとに釣り座を構えピトンを打たずにタックルをセットして、
エサは石鯛エサ屋のうに吉さんに準備してもらったカニを付けて投げる。
足元に竿を置いて石突を足で踏んで構えてると穂先がスーと入る。
イシガキがヒットして、それからすぐに2匹目追加。
イシガキがたくさんいるようで一投ごとにほぼ素バリ。
カニの大きなツメを3つ着けるとさすがにアタリが出るまで時間がかかるが、
針掛かりするのはイシガキ。
その後釣れるのはイシガキだけでデカバンのアタリはなく、
大抵イシガキが多いときはデカバンはいない。
エサを使い切ったのでタックルを片付けて弟のところへ行ってみるとグレを数釣っていた。
今年こそ記録物釣りたいなぁ~。

  • DSCN0906
  • IMG_1724
  • DSCF1268
  • DSCN0904

夜のつまみ。
2018.12.21掲載

突然釣りをしない知人から「イカ釣れてる?」との電話があった。
そういえば今シーズンはろくにエギをシャクってなかったので夕方行ってみることにした。
港に着くと釣り人はだれもおらず、イケスのロープのチェックするとマッチ箱サイズのイカが10杯ほどチェイスしてくる。
あまりにも小さいので見切り、沖向きの堤防へ移動してシャクるもいまいちだったので場所移動。
二か所目の港に着くとここもまた貸し切り状態で、スミ跡も一切なくとりあえず沖にキャストする。
ここでもマッチ箱サイズが群れていた。
夕方5時のサイレンが鳴ったころラインが走り久しぶりの手ごたえでヒットしたのは食べごろサイズのアオリイカ。
すぐキャストすると同じサイズがヒット。
日没までに3杯追加して終了。
知人の夜のつまみになりました(笑)

この日使用したのは、三徳ツールV-146Finger Gaff

  • DSCN0900 (1)
  • DSCN0903 (1)
  • DSCN0896 (4)

久しぶりの石鯛
2018.11.26掲載

クチジロのシーズン到来。遠征客もぼちぼち増えはじめ、僕も半年ぶりの石鯛釣りに行くことに。
エサは、種子島石鯛エサ屋のうに吉さんの冷凍シラガウニとツガニ20匹ほど用意。
ポイント到着後潮をみてウニを潰し撒き餌をすませると、きびなごの群れを発見したので朝イチルアーをキャスト。
トップでの反応はなくジグをシャクッてくると手のひらサイズの真鯛がヒットし、次のキャストでちょっとましなバイト。
80cmのうまそうなブリ。
周りが明るくなったころ、石鯛釣りを開始。
だが、アタリはなくひたすら仕掛けを打ち返す。
下げ潮に入ったころ、竿が舞い込み60cmのコンディションのいいイシガキがヒットしてきた。
この1匹でこの日終了。

今回使用したのは、CN-121 ジャブジャブジグポーチL
本来はジグのポーチだが30cmのピトンシャフトがすっぽり入り、ポーチのまま丸洗いできる。
あと、ウニを使う石鯛釣りには必需品のV-59 ウニ切りハサミ。まぁよく切れる(^▽^)

  • DSCN0874
  • DSCN0872
  • DSCN0867 - コピー
  • 無題

1 / 612345...最後 »